etc
マイクの近接効果について 

 
 よくヒューマンビートボクサーは、マイクに口を近づける持ち方をしていますね。

 これは、見た目が格好いいからという単純な理由でなくて、実はマイクの近接効果を狙っているんですよ。

 通常の単一指向性マイクは、音源に近づけたとき低音が強調される現象が起きて、これを近接効果と呼びます。

 これは、マイクの欠点でもあるわけですが、ヒューマンビートボックスはこれを逆に利用しているのです。

 つまり、これを利用することで、よりリアリティのあるバスドラムの音が出せたりするようになるというわけです。

 欠点を逆に長所にしてしまうという、この発想が、僕は好きです。

 この近接効果を含めた音質の変化は、マイクによって結構異なります。

 だから、マイク選びもヒューマンビートボックスの音作りという点で重要になってくると思います。


 その点で、カラオケボックスのマイクは、あまり練習には向いてません。

 何人かの人に、格好つけるためにそういう持ち方をしているのかと思っていたといわれたことがあったので、今回少し解説してみました。 

 




HOME