etc
トレーニングについて 

 
 なかなかうまくビートボックスが出来ないとお悩みの方に、subbyの考えたトレーニングメニューを少し紹介したいと思います。

 うまく出来ない理由は、やり方がまずいという理由もあるかもしれません。

 けれど、たとえ良いやり方をしようとしても、それに必要な筋力等が備わっていなければ、うまく出来ないと思うのです。(特にやり初めの頃は、必要な筋力がないためうまく出来ないことが多いんじゃないかと思います)。

 そこで、その筋力を鍛えるためのオリジナルトレーニングメニューを考えてみました。

 まず、熱い飲み物を冷ます時のように、口をすぼめてほんの少しだけ息が出るぐらいの、出来るだけ小さい穴を作って息を吐く準備をします。

 次に、その穴から出来るだけ強く息を吐きます(この時にお腹に力が入ると思いますが、それがビートボックスに使う腹筋だと思ってください。ここを鍛えればスネアの音が変わります。また、口の周りの筋肉にも負荷がかかると思いますが、これはバスドラムの音を出す時に使う筋肉だと思ってください)。

 そして、その吐く息の圧力は一定に保つようにしてください(これは、リズムキープをするために使う筋力を鍛えるためです)。

 また、息を吐き終わったら、今度は小さい穴から強く息を吸ってください(これは吸うスネア等に使う筋力を鍛えるためです)。

 これを疲れるまで繰り返して、疲れたら休んでください。

 こうやってトレーニングしていくうちに、うまくビートボックス出来るコツがつかめるかもしれません。

 僕はこういった感じでやってきました。

 自分ではすごく良いトレーニング方法だと思うので、効果があった方はメールで報告してみてね!

 それじゃあ、ビートボックスを愛する友よ! その気持ちを忘れずに頑張ってね!




HOME