etc
発音の仕方の見つけ方 

 
 久しぶりの更新です。

 現在のSUBBYは、気管支の具合が悪くなって、一気に息を吐く力が一般成人男性の7割をきってしまいました。

 これって、ビートボクサーにとって致命傷では・・・

 って感じなんですが、少しずつ回復のめどはたってきました。

 まあ、それはおいといて、SUBBYは独学でビートボックスの発音の仕方を試行錯誤してきたんですけど、今回はその際にどんなことを考えていた書いてみたいと思います。

 まず発音したい音を聞いて、どういう口や舌の形、息の吐き方、声の出し方をすればいいかをイメージします。

 音を良く聞いてそれをだいたいの感じで日本語で表現するとどうなるかを考えるとイメージしやすいと思います。

 その時に、日本語の子音の音(あ行でいえば、かさたなはまやらわがざだばぱしゃちゃなど「あ」の前に発音する音)k、s、t、n、h、m、y、r、w、z、d、b、p、sh、ch、の発音の仕方を意識すると良いとおもいます。

 少し難しく感じる人もいるかもしれませんが、この音を聞いてその発音の仕方をみつける能力は、実はだ誰でも持っている能力なんです。

 だって、日本語を話せるようになったときに、誰かに発音の仕方を教えてもらったりせずに、自分で音を聞いて発音の仕方を身につけたはずなんですから。

 その能力を研ぎ澄ますような気持ちで音を良く聞いて試行錯誤していけば、発音の仕方を自分で見つけられるんじゃないかと思います。

 




HOME